作業員

ヒビへの対処

ヒビ割れやクラックがある箇所の外壁塗装は注意をする

古い住宅ともなると外壁そのものが傷み始めるため、至るところにヒビ割れやクラックが生じることも珍しくありません。塗装の下地までダメージが無いヒビ割れはヘヤークラックやチェッキングと呼びますが、塗膜の底までダメージがある場合はクラックと呼びます。 これらのヒビ割れやクラックなどが浅い場合は外壁塗装によって塗膜で覆い隠すことができ、雨水の侵入なども防いでくれます。 しかしヒビ割れ、クラックが非常に深い範囲で起きていたり、あるいは外壁の下地ごと剥がれが起きているような箇所は、業者の施工を注意をして見ておく必要があります。なぜならそのような箇所は補修が必要で、業者の腕が現れる箇所だからです。 施工後に塗膜がしっかりと全体を覆っているか、などのチェックを行い、特にヒビやクラックのあった箇所の塗りや補修の確認は重要です。

耐久性のある塗料を選ぶメリットに関する知識

塗料の選択は、その外壁塗装の仕上がりと機能に大きく影響する要素だけに、非常に重要となります。どの塗料を選択するかは、値段や色、機能など様々な点を考慮して決めますが、中でも重視したいのが耐久性です。 耐久性は外壁塗装で作る塗膜が、どれだけ外界環境に晒されて耐えうるかの指針となります。耐久性が高い塗料を用いれば、長年にわたって塗り直しの必要も生じないため、建物をより長く湿気や汚れ、紫外線などから保つことができます。 逆に耐久性が短い塗料を選んでしまうと、すぐに塗膜の劣化と、それに伴う塗料の剥がれやヒビ割れなどが起きるため、再び塗り直しの必要性が短期間で生じます。 このため外壁塗装での塗料選びは、出来るだけ耐久性の高いものを予算内で選ぶのが最適な塗料の選び方だとされています。