作業員

家の状態を保つ

外壁塗装工事の金額は塗料の種類によりけり

外壁塗装工事は、お家の寿命を延ばすために必ず必要になる工事です。外壁塗装を行うことで、水漏れなどを防ぐことができます。また、紫外線などによる外壁材の劣化を防ぐことができるので、非常に大切な工事となります。 外壁塗装を行う時に、必ずお見積りを出してもらうことになります。その時に気を付けることは、どのような塗料を使用するかということです。金額に関して、最も大きなウェイトを占めるのは塗料の選定だからです。アクリル系の塗料が最も安く、次にウレタン系塗料、シリコン系塗料、フッ素系塗料という順に料金が高くなります。そのほか、特殊塗料系も高くなりやすいです。断熱作用を付加した特殊塗料は最近人気ですが、最も高い系統の塗料となります。

これまでの塗料の歴史と発展

外壁塗装において、重要な点はどのような塗料を利用するかという点であることは、上記で述べました。その塗料の歴史は、そのまま金額に反映しています。 まず、アクリル系塗料が最初に外壁塗装に用いられる塗料として誕生しました。第一世代そのため、アクリル系塗料は第一世代塗料と言われています。次に開発された塗料は、第二世代のウレタン系の塗料です。その後、最近になって第三世代のシリコン系塗料が開発されました。それぞれ、世代が新しくなるにつれて機能を発揮できる保持期間が長くなってきています。 特殊塗料系の塗料は、遮熱、断熱、紫外線カットなどさまざまな機能が付加されていますので、それぞれの自治体から助成金が出ることがあります。それだけ、環境の改善に資すると考えられています。